手を洗ったあとは、タオルでしっかりふきましょう。水分が残っていると、ウイルスが付着しやすくなりますよ!
ウイズコロナのコツ
まい
まい

被害者のつもりがいつの間にか加害者になってない?

コロナ感染者をせめても、収束しませんよ

【夏を涼しく!】昭和のすぐれもの3点[扇風機/蚊取り線香/風鈴]

健康寿命
この記事は約3分で読めます。

お元気ですか? 苺です!

苺(いちご)と書いて苺(まい)と読みます。

 

 

エアコンは快適なんだけど、電気代はおさえたいし…

 

そうですね。

夏のはじめや終わりごろは、エアコンを使うほどでもないんだけど~ってこともありますよね。

クーラーやエアコンを使ってあたりまえになったのは、昭和後半からです。

それまではあっても扇風機で、なんとかすごしていました。

いったいどんな昭和の知恵があったのでしょう?

 

コツは風通しをよくすること

夕涼み

いまは夕涼み(ゆうすずみ)なんて言葉は、ほとんど聞きませんよね。

クーラーやエアコンが出回っていないころは、夕方になって日がおちると~

家の外に縁台(えんだい)をだして、蚊やりで蚊取り線香をたいて、うちわ片手に涼んでいました。

 

 

  • 縁台:背もたれのないベンチのようなもの。木や竹でできている。
  • 蚊やり:蚊取り線香をたく道具。豚の形のものが多かった。

今でもちょっとした庭があれば、こういった夕涼みができます。

直前に水をまけば、さらに涼しくなりますよ。

打ち水といって、熱くなった地面にまいた水が蒸発するときに、温度が下がり涼しくなります。

暑さがピークの日中より、朝夕が効果的です。

 

 

扇風機

昼間でもエアコンをつけたらちょっと寒い~といってつけたり消したりするとき、ありますよね。

こんな時は、効率よくすれば扇風機だけでもすごせます。

 

 

まず窓やドアを全開にして、風が通る状態にしましょう。

扇風機を窓やドアの方へ向けてまわします。

すると反対の窓やドアから空気が入ってきて、風通しがとてもよくなります。

 

蚊取り線香

ハエや蚊が気になる時は、蚊取り線香をつかってみましょう。

いまは花の香りのものが出回っています。

5~10分つけるだけでも効果がありますし、服ににおいがついても気になりません。

昔の印象と全然ちがいますよ。

👇この蚊やり、昭和っぽくなくてカワイイ!👇

蚊やり:火のついた蚊取り線香をおく入れ物

 

風鈴

もうひとつのおススメは、風鈴です。

昔はすだれ扇風機と一緒に用意して、夏じゅう軒下につるしていました。

お気に入りの音のものが見つかると、心いやされますよ。

 

👇私が今までで一番イイ音だと思った風鈴、火箸でできています👇

 

モビールなども部屋につるすだけで、涼やかになるものがありますよね。

 

👇ココが大事!👇
季節のインテリアや小物は、用意したり片付けたりすることを楽しみましょう。

カラダの内側からきれいにしてくれるビューティーサロンを見つけた!
SiS[シス] total beauty
カラダの内側からきれいにしてくれるビューティーサロンを見つけた!
SiS[シス] total beauty